結局、ブログの文字数はバズるのとは関係ない

shoes-69682_640

ブログ記事を書いてる人は方向性がつかめなかったり、記事のクオリティを上げる方法がわからなかったりで、ブログ迷路に迷いこんでしまいがちです。

書く内容もそうですが、文章量も気になるところです。

SEO対策の一環としてよく言われるのが文字数です。

文章量が多ければ多いほど拾われるキーワードが増えるので読まれる機会が増えるのではないかという話をよく聞きます。

しかし、文字数はほんとうに多ければ多いほうが良いのか?
最適な文字数とはいくつなのか?

実際の例を見ながら考えていきます。

スポンサーリンク

ブログの最適な文字数とは?

ブログを書くうえで意識するのは文字数だっていう人、多いですよね。
これには確かな理由があります。

例えば、流行のネタを記事にする場合は自分以外の人もすでに記事にしている場合が多いです。

流行ネタは内容が似たり寄ったりで変化が無く、オリジナリティを出すのがとても難しいのです。

で、どうすればいいのかというと、「文字数を増やして差別化を図る」のです。文字数が増えればそれだけ内容がふくらみ、他ブログとの差別化ができるって話ですね。

文字が増えたぶんだけ”拾われる”可能性が高くなるのです。
少なくても1,200文字以上で6,000文字くらいがベストではないかと言う人もいます。

…でも、それはほんとうに正しい行為なのか?

記事のタイトルやテーマと全く関係のない話をダラダラと書いても読んでいる側からしたらつまらないです。
途中で飽きられてページを閉じてしまうでしょう。僕なら閉じます。

文字数が多い…というよりは、具体的な例や表現したい内容が多すぎて自然と文字数が増えてしまったというのがベストだと思います。

検索エンジンが人間を越える日が来ると言われていますが、現在でも検索文字を少しくらい間違えたとしても、自分の求めるキーワードを提示してくれます。

予測変換してくれているのです。

人間が考えるよりも先に予測をし、知りたい情報を提示してくれる。

今の時点でも賢いのだから、中身がスカスカでただ文字数だけ多いブログを見たらどう判断するのか?
今が良くても数年後にはいわずもがな…だと思うのです。

ネタを広い集めて書くよりも、自分の意見を発信したほうが結果的に善いのではないだろうか。

そう考えると、文字数はあまり意識する必要は無いのかもしれない。

具体的な例を出します。

例えばpop-a-gogoさんの 満員電車でリュックを下ろさない君へ、告ぐ。という記事。

この記事は一日で4万人以上の方に読まれたという。

よほど具体例や情報が盛り込まれた専門的な内容なんだろう!と思いました。

がしかし、文字数を調べたところ「404字」で内容は日常的なものでした。

たったの400字程度の記事がなぜこんなにも読まれ、シェアされたのだろうか?

バズった理由を勝手に考える

読まれる記事になった pop-a-gogoさんの記事ですが、バズった理由を考えてみました。

【読まれる記事の理由】

シンプルでわかりやすい内容だった

問題提起をしていて、答えを読者にゆだねる形になっていた。

ツイッターやFacebookでシェアされ、雪だるま式に読む人が増えた

ネタが共感できるものだった

ネタが共感できないものだった

自分の考えを書いていた

短く簡単な文章のほうが読みやすいし、最後までスラスラと読めてしまうものですよね。

わかりやすい内容は反応を得られやすいものです。

また、問題をブログ内で解決しないといけないってことは無く、答えを読者に求めるのもありなんだとわかりました。

誰でも共感できるような内容だといいね!だけで終わりだった可能性があります。
言いたいことを言っている記事もシェアされやすいようです。

ネタと表現のセンスがあれば文字数なんて関係ないのかもしれない。

文字数を意識するのではなく、自然と文字数が増えてしまった場合を除き、読み手を意識するほうが大事だと言えます。

結論

文字数は多いほうが検索に拾われやすくなる可能性は高いが、シェアやバスるのとは関係が無い

伝わることが重要であり、最適な文字数は記事によって変わる。多すぎてややこしくなるよりも簡単な文章でわかりやすいほうが共感を得やすい

結局、ブログがバズるのと文字数は関係が無いといえます。

文字数は多いほうが絶対良いって人もいると思いますが、たまにはリラックスして、言いたいことをぶっちゃけてしまったほうが多くの反応を得られるのではないかと思います。