ネガティブ思考者は止まらないので批判的な意見を気にする必要はない

ネガティブブログを読んでいるとたまにコメント欄に批判的なコメントを残している人がいます。
個人的な感想を送るくらいならまだしも、「あなた頭おかしいんじゃないの?」とか「人間性疑うわ~」など記事の内容とは関係ない人間的な部分を批判する人もいますよね。

理論的で納得のいく批判なら勉強になるのですが、中には悪口にしかとらえられないコメントもあります。

言いたいことを言うのが表現の自由ではあるものの、度が過ぎれば単なる悪口、イジメに過ぎないと思います。

ツイッターの投稿も一緒で、リツイートする際に自分のコメントを付け加える(引用リツイート)場合はあまり否定的なコメントはしないほうが良いと思うのです。

もちろん共感する方もいるのでしょうけど、ネガティブなつぶやきが目に入ると気になってしまうし、「もしかして自分のこと言ってるのかしら?」と変に落ち込んでしまったりするのです。

僕の場合はそういった方はミュートしてしまいますが、感情を揺さぶられるのはポジティブな方向であってほしいです。

ネガティブ思考の方の意見なんて気にする必要は無いです。いったん言い出したら止まらないので関わる必要も無いって僕は思うのです。

スポンサーリンク

悪口を書いてしまうのは日常が不満であふれているから

有名なブロガーさんの記事はいつも読者の声であふれ返っています。
投稿に対する意見はブロガーにとって成長の道しるべになるのでとてもありがたいものです。

記事に対する意見は様々ですが、中にはブログ運営者の人間性を否定するようなコメントを送る方もいます。
すべては読者の貴重な意見でありブログ運営者はありがたく思うべきだと言う方もいるでしょう。

でも、僕は違うと思うんです。

ネガティブな意見を言う方には原因があり、日常が不満であふれているので不満を一方的に伝えたい場合がほとんどであり、そもそも初めっからこらしめてやろうっていう気持ちでいるのでどんな記事を書こうが、こちらが返信しようがお構いなしで自分の意見を貫き通すのです。

大切な読者さんのひとりではあるものの、ネガティブ思考の方と付き合いたくないのはネットもリアルも一緒ですよね。
他人と違う意見を言うことで自分がさぞ立派な考え方を持っていて素晴らしい人間であるかのようにうったえます。

しかし、第三者がみたら自分の価値が低いのを隠すために強がっているだけにしか見えないものです。
ですが、無視するのも忍びないので一言だけ伝えれば良いと思います。

「貴重な意見をありがとうございました。」と。
返信するとブログのコメント欄にも表示されてしまいますし、やりとりが続くほどネガティブなコメントがブログに増えてしまいますのであまり良い話ではありません。

ちなみにネガティブな人は老化しやすいって話もありますね。

あらら、良いこと無しじゃないか。

ともあれ、コメントをたくさんもらえるブロガーさんはすごいと思います。
読者の心を揺さぶり、普通なら面倒くさくてやらないコメントを書いてもらえるのですから。

今回の記事を読んで私のことが嫌いになってもブログは嫌いにならないでください。

ツイッターもフェイスブックもポジティブで行こう

ツイッターは登録も簡単でつぶやきなので思ったことをそのまま文字にしてしまいがちです。

しかし、ツイッターほど怖いって思うSNSは他には無いな~と僕は思います。
問題ある発言はリツイートを繰り返し、知らない相手からバッシングを受けたり、場合によっては社会的な問題に発展してしまいます。

コンビニの冷蔵庫に入った問題や某ハンバーガー店で問題を起こし写真を投稿するなど目立てれば何でもいいのか?って話が多すぎて首をかしげてしまいますよね。

同じ拡散されるなら良い意味でシェアしてもらいたいところですね。

フェイスブックの場合は読まれる人数はツイッターほど多くは無いものの実名での登録が基準なのでより言葉選びは慎重に行いたいものです。

嫌だ、つらいって意見は大切だけどそればっかりでは面白くないです。自分だけでなく読んだ人も嫌な気持ちになってしまうのでネガティブ発言は抑える必要があります。

そんなことないさ、自分さえよければいいって人はネットでも現実でもつまらない人間だと思われてしまいますよ。

人がシェア、コメントする理由と今回のまとめ

シェアしたくなる記事には特徴があります。それは

●感動したから
●面白かったから
●ためになったから

などの自分が良い記事を見つけた!(すごいでしょ)というポジティブな考え方と

●内容が許せない、むかつく
●嫌い
●間違ったことを言っている

という「書いた人を困らせてやろう」という批判的な考え方があります。
また、批判的なコメントには種類があり、心から許せなくて人間性を疑って投稿する場合だけではなく、

●人生の先輩としてのご指摘的コメント
●こうしたらもっと良くなるのに…という心の声
●激励を込めた意味合い

など、応援メッセージとして送る場合があることも忘れてはいけないですね。

ブロガー、そして読者さんの判断基準になりますが僕はなるべくならストレートに褒めたり応援されたいです。
ご指摘なら勉強になるのでありがたいですが、やはり判断は読み手にかかっています。どうせシェアするならポジティブな記事を選び、感動を共有したいものですね。
ネガティブな記事ばかりシェアする人は性格を疑ってしまいます。

悪口を言う人に変わってもらおう、治してやろうなんて思うのは所詮無理な話。

そういう人もいるんだな~程度にとらえてポジティブな意味でシェアしてもらえる記事を書き続けるべきでしょう。