山田うどんと丸亀製麺どっちがうまいか検証してみた

ザル

画像:丸亀製麺のざるうどん

昨日体重計に乗ったらなんと、5kg太ってました。ヨメには暴飲暴食が原因だと言われてしまいました…。
夏までにはやせたい!って思ってたのになんだこの有り様。

巡り巡ってすでに一年が過ぎていた…。

なんとかしないとってリアルに思ってます。

でも、食べるのが趣味なので食事制限なんてしたくないです。
やっぱり運動あるのみでしょうか?

話はかわりますが、山田うどんのパンチセットってうまいんです。
関東では有名な話ですが、そのほかの地域では「山田?パンチってなにそれ?」って話ですよね。

パンチセットは関東で活躍するチェーン店「山田うどん」の定番かつ人気のうどんプラスもつ煮ライスのことです。

通販でも買えますのでぜひ一度たべて欲しいな~と思います。

僕は山田うどんと同じくらい丸亀製麺に通っているのですが、ぶっちゃけどっちのほうがおいしいのだろう?

せっかくなので比較検証してみました。
(やせる気無し)

スポンサーリンク

うどん県とは?

謎多きフレーズ、うどん県…それは

香川県の愛称。

瀬戸内海やお遍路さんなど、名所の多い香川県ですが、なんといってもうどんの味と品質には自信があろようで、香川県の観光協会がついに「うどん県」というネーミングを決めました。

※無論、県名が変わったわけではありません

うどん県のPR担当者として、芸能人の要潤さんが選任されたのも話題になりましたね。

かなり大胆な決定ですが、香川はうどん県の名にふさわしく、おいしいお店がたくさんあります。

▶うどん県の名店ランキング

香川はさぬきうどん発祥の地として知られ、絶妙な塩加減と国産小麦「さぬきの夢」から作られる腰の強い麺はまさに絶品の一言。

麺そのものが美味しいので醤油をかけるだけでもうまいのです。

定番の食べ方は「かけ」や「ぶっかけ」、「釜あげ」「釜玉」など。

もはやご飯よりもうどんがメインではないかと思うくらい、香川の方はうどんを食べていますが、お店も様々なタイプが存在します。

お店のタイプ

①セルフ

丸亀製麺にも見られるセルフタイプ。

うどんの種類を注文し、店員さんからうどんの入った器を受けとります。

海老天やゴボウ天など好きな天ぷらをチョイス(別料金)。

お会計を済ませ、いただきま~す!

②製麺所

丼やだしなどを事前に用意しておくお店。(店舗によっては丼やテーブルもない場合があるのだ!)

セルフの究極系とも言える製麺所タイプは、店内で空き場所がない場合はお外でいただきます。

③普通

席に着いたらメニューを確認し、お好きなうどんを注文。

食べ終わったらレジでお会計。

うーむ、他県からは考えられないほどお店のバリエーションがありますね。
それだけうどん愛が深いのでしょうね。

丸亀製麺のおいしい話

うどん界のニューウェーブ(?)、丸亀。

丸亀製麺さんは丸亀うどんの愛称で親しまれ、店舗は大阪や京都、関東など全国に広がっています。

▶丸亀製麺の店舗検索(トリドール)

味の種類も豊富でどれにするか悩みまくりですが、定番メニューといえばやはり「釜揚げ」でしょう!

釜揚げ
ゆでたての麺を桶に入れ、つゆとしょうがなどの薬味でツルリといただきます。

麺本来の味わいを楽しめる、丸亀さんイチオシのメニューなのです。

揚げたての天ぷらもうどんとの相性バッチリ!

本場讃岐では定番のとり天こと「かしわ天」がよく合います!

ごはんものはおにぎりが定番ですが、噛んだとたんにジュワッと口の中いっぱいに広がるツユがうまい「いなり」もおすすめしたいですね。
ちなみに毎月1日は丸亀製麺の日で、釜揚げうどんがなんと半額で食べられちゃいます。
※並…290円→140円 大…390円→190円 特…490円→240円
※値段は変更になる可能性があります

パンチセット食べてきた!

対して、庶民的でリピーターの多いうどん店、山田。

山田うどんはうどん屋というよりは定食屋としてのイメージが強いです。
それもそのはず、山田のメニューはセットが中心です。

単品を頼む方もいますが実は少数派。

メニューについては前回の記事で書いていますのでぜひ読んでいただけたらと思います。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
埼玉県発祥の庶民派うどん店といえば「山田うどん」。かかしのマークが目印の庶民的なお店。

僕は山田にいくとほとんどかき揚げ丼セットを頼んでいます。理由はリーズナブルで満腹感もあり味も好みだからです。

ですが、山田者(※山田うどんファンの呼び名)を語る上でパンチセットを紹介しないとは!この不届き物め~と言われかねないので実際に食べた感想をご紹介しますね。

これがパンチセットだ!

punch

ハイ!来ました。

これがパンチセットです。

もつ煮+ライス(並)+冷やしたぬきそば(一人前)+漬物+生卵

であります。
※生卵は付いてない日もありますので期間、曜日限定の可能性があります

山田の特徴は、セットメニューが中心で麺はうどんかそば(店舗によってはラーメンも)が選べる点にあります。
しかも1人前です。

「お腹が空いたら山田」のフレーズはダテじゃありません。

もつ煮(パンチ)の拡大画像

motsu

おお、なんという美しさ!
ネギの位置、カンペキです。

タケノコが入っているのが山田流。メンマみたいでうまそうだ。

期間限定かもですが、土、日は生卵が付いてきました。

あったかいソバを注文していたら間違いなく月見にしていたところですが、今回は冷やしたぬきそばだったので断念。
素直にご飯にかけます。

検証:山田のもつ煮はうまいのか?

umai
さあいよいよパンチをいただきます!と、その前に…
こやつを…

mo

オンザライス!

メシの上にかけちゃいました。
さらに…

umai
kome

オンザライス!! with T(生卵)

ぐっちゃぐちゃやね。

見た目がヒドイ状況になってますがいいんです。うまいので。

初めて食べるときはそのまま食べたほうがいいです。もつ煮本来の味がたのしめますので。

さあ、これでパンチ丼の完成!

さてお味はいかに?

仮想自分
あまくてこくておいしいんだな

ore

まるで小学生のような感想になってしまいましたが、ご飯によく合いとてもうまかったです。

甘くて濃い目の味付けなので生卵と合わさるとマイルドになりました。もつ煮も柔らかく、タケノコのメンマのような歯ごたえも心地良い。

ライス大盛りでもよかったかな…。

こんにゃくのおかげで歯ごたえにアクセントが生まれモツの柔らかさをさらに強調します。
やるな、こんにゃく(白くて長い)。

ボリュームも満点で味も満足。お値段も税込740円とお手頃ですのでぜひ一度おためしあれ。

仮想自分
ごはんによく合うしうどんも食べられるからほんとうれしい。またたべたいな

※値段、メニュー内容に関しては2015年7月時点での内容です。

ちなみに、超有名チェーンのはなまるうどんと人気を二分するともいわれる丸亀製麺。
国産小麦粉を100%使っているという自慢の麺は腰とのど越しが魅力的ですね。

ある意味山田うどんとは別次元ではありますが、固めのうどんがタイプな方なら丸亀一択なのかもしれません。

丸亀と山田の比較

さて最後に、山田と丸亀の比較検証をしていきたいと思います。あくまで個人的な感想ですよ。

検証項目 結果
メニューの種類 山田
麺のうまさ 丸亀
家族向け 山田
ボリューム 山田
値段の安さ ほぼ互角
早さ 丸亀
店舗数 丸亀
知名度 丸亀

知名度を除けば互角の勝負でした。僕の場合は一人で食べに行くなら丸亀ですが、大人数でいくなら山田のほうがいいです。

ご飯ものは圧倒的に山田うどんのほうが多いですからね。

どちらも良く行くお店なので結局、どっちが勝者だなんて決めるのは失礼なんじゃないかと思いこれにて失礼します…。

検証結果:どっちも好き

※店舗数は山田が関東圏、特に埼玉県に集中しており100店舗前後(※2012年時点)、それに対し丸亀うどんは2015年時点で779件。

※値段は「山田…たぬきうどん280円」と「丸亀…釜揚げうどん290円」を比較したもの