我が家の指もみ健康法は根拠は無いが癒やしはあります

癒やし動物

ストレスと戦う現代人に癒やしは必須科目。

よく爪を揉んだりツボを押すのが健康的!と言われていますが、我が家では「指もみ」でストレス発散をしています。

爪もみ健康法みたいなもんですね(厳密にいうと少し違いますが)。効果は別として心にグッとくる気持ちよさ。

癒やしマニア必見!な指もみのご紹介です。

スポンサーリンク

爪もみと自律神経の話

爪もみ

健康マニアならご存じ、「爪もみ」。

爪もみには自律神経のバランスを整える効果が期待されているそうな。

自律神経とは日々の生活(活動と休息)のバランスをコントロールする重要な機能です。

仕事や人間関係などのストレスにより自律神経のバランスが崩れると不眠、つかれなどの症状が現れます。

不眠、つかれが続くと生活リズムが狂った状態になり一日中やる気が起きなかったりボーッつとしてしまうことも。そんな状態が自立神経失調症と呼ばれていますね。

自立神経失調症が続けば最悪、うつなどの症状が現れる可能性があります。

自律神経失調症に働きかける、そんな噂も多い。それが爪もみです。

爪もみのやり方はコチラに詳しく書かれていました。

手の指先には神経が集中しており、親指、人差し指、中指、小指の爪の生え際を、押しもみすることで、効果的に自律神経を刺激することができます。

爪の下にあるツボ2点を同時、または1個ずつ刺激します。押したいツボを親指と人差し指で指をつまむように掴み、10秒間ぎゅーっと強めに押してください。

引用元:爪もみ法のやり方

爪もみって言うので手の爪をギューっと押すもんだと思ったらどうやら違っていて、爪の近くのツボを押すみたいですね。

触るとわかりますが、たしかにへこんでいます。しかも、想像以上にへこんでいました。

ちなみに、癒やし目的の場合は薬指だけはマッサージしてはいけないそうです。リラックスを感じるのは副交感神経が刺激されるからですが、薬指だけは活発化に関する神経(交感神経)を刺激するようなので。

指もみとは?

医学的なことはわかりませんが、最近ハマっている癒やしマッサージがあります。

それが「指もみ」です。

指もみって何?って思う人はあまりいないとおもいますが一応説明します。これは、自分の指を他人の手でニギニギしてもらう。

たったそれだけのものです。

もみというよりは「握り」と言ったほうがいいかもしれませんね。

これがまためっちゃ癒やされるんですよ〜。頭がフワッと軽くなるような不思議な感覚です。

※個人差があります

baby

で、ギュッと握っている人がゆっくり力を入れていきます。人差し指から一本ずつ軽く力を入れてニギニギ。

例えるなら牛の乳しぼりみたいな感じです。

重要な点ですが、できれば最愛の人、無理なら異性、それも無理なら友達にやってもらいます。

これ、自分の手でやっても全然気持よくないです。なんも感じません。

なので、他人にやってもらいましょう。

足裏マッサージもそうですが、やはり他人にやってもらうほうが気持ちいいものです。やさしさも感じられますし。

手当てとはこんなことを指すんじゃないでしょうか。

なお、我が家でやっている指もみ健康法は、自作なので健康に関する効果は確認されていません。あくまで感覚的なものであるとご理解ください。

例えるならメタルシャワーみたいなもの

頭に乗せてグワッ!て動かす熊手みたいな形のグッズあったじゃないですか?メタルシャワーっていう名前らしいですが、あの感覚に似てると思います。

メタルシャワーには健康的な効果は研究されておらず、単純に頭がゾワゾワする感覚を楽しむってだけのものらしいです。

これね。

頭をグシグシいじるなんとも不思議かつ謎多きアイテム。

実際に使ってみたらこれがまたものすごく…。使ってみた感想↓

ストレス解消に良いと思ったら頭がゾワゾワするだけだった話
ストレスから解放されたい。そんな気持ちになる日があります。仕~

癒やしは愛に似ている

指もみの話に戻ります。

人差し指をもんでもらうのが一番効果がありそう(実際にやってもらったら一番気持ちよかった)ですが、時間があれば全部の指をもんでもらいましょう。

強すぎはダメですよ。返ってストレスになってしまいます。

やさしく、赤ちゃんの手を握るようにそっと。

たったこれだけで不思議な心地よさ、そして満足感を感じられますよ。

なんというか、「愛されてる」っていう感覚があります。指は感覚神経が発達しているので肩や腰より伝わりやすく、しあわせを感じられるのでしょう。

まとめ

我が家でやってる「指もみ」。

科学的根拠は不明ですが、これは本当に癒やされます。

女性ならば男性の手のぬくもり、男性ならば女性のやさしく、しかし冷たくて守ってあげたくなるような愛らしさを感じられるハズ。

参考になればうれしいです。

注:何事もですが、やりすぎは良くないと思うので痛みを感じたり癒やしを感じなくなったらやめたほうが良いと思います。