日本昔話がギャル語で笑える!鶴の恩返しや桃太郎が面白アレンジ

TSJ93_kokuhakujk20150208100556500
まんが日本昔話ってシュールな絵とありえない話が面白いですよね。
TBS系で放送されていた当時は子供の教育としても役に立っていましたが、
今回注目したのは現代版昔話ともいえる「ギャル語で語る日本昔話」。

なんでもYouTubeにアップロードされた動画がティーンを中心に話題になり、Twitterやフェイスブックで拡散されているというのだ。

本当に面白いの?実際の動画を確認してみましょう。

スポンサーリンク

アップされた2本の動画

注目されている動画は「おむすびころりん」と「桃太郎」の2本。
内容を知らないという人はほぼ皆無といっていいくらい有名な話ですよね。

しかし、ひとたびギャルの手にかかればしみじみとした昔話も現代アレンジで笑える動画に豹変!
さっそく確認してみましょう。

【ギャル語 昔話】の動画

一部抜粋すると…

「マジ寂しいんだけど 萎え
秒で帰るから待ってて
りょ」

意訳:本当にさみしいね すぐ帰るからまっていておくれ 了解」

「萎え」がギャルっぽいですねw

もはや元の意味と違うんじゃね?的な部分もありますが、イメージで理解するほうが面白いといえそう。

 関連記事

ギャル語とJK(女子高生)語の違いがさっぱり分かりませんが、知らないほうが楽しめる場合もあるようだ。
街角のクリエイティブさんで紹介された鶴の恩返しのJKバージョンが面白いと、こちらも話題になっている。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
 むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがジモメンと割と本気で…

短いけど元がわかれば面白い!

まとめ

元の内容が分からないと意味不明な話ですが、しっていればインパクト溢れるギャルトークに大ウケ間違いなしですね。
「まじやべぇ」「アゲアゲ」
な内容は賛否が分かれるもののとにかく笑える動画に仕上がっています。

字幕が付いているので老若男女問わず楽しめますね。

最初はわかりづらいギャル用語も観ているうちにだんだん理解できるようになる→面白くなる

というまさにアハ体験的な内容にマジバイブスアゲアゲでしょ?

実際にこんな話し方をしている人がいるかどうかは疑問ですが、面白いので良しとしましょう。