ダイオウイカのするめの味は美味くない?大きさに関係あるのか

今日はスーパー(とりせん)で半額セールの天ぷらと海藻サラダ(むろん半額)、そしてシャケおにぎりを買って帰りました。

スーパーの天ぷらって、とにかく衣がたっぷり付いていてデカイのが特徴ですよね。でも、エビの天ぷらは中身がスカスカだと非常に淋しい気持ちでいっぱいになり、なんだか「やられた!」って気持ちになるよね。

季節ものってことで、たらの芽の天ぷらといか天をチョイス。あ、イカは季節関係ないね。
たらの芽はほろ苦さとさわやかな香りが心地よく、まさに春を感じるおいしさでありました。

20150326_201326

イカ天も柔らかく、歯茎でもちぎれそうな勢いだ。皿からはみ出てるけど。

それにしても、スーパーのイカって妙にデカくて肉厚な気がするのは私だけだろうか?

厚みを考えると「もしやダイオウイカでは?」なんて思ってしまいます。

スポンサーリンク

デカいはうまい?それとも…

富山県の新湊沖で、全長6.3メートルの超巨大なダイオウイカが引き揚げられたのも驚きですが、イカは年々でかくなるってことなんだろう。

ちなみに動物の寿命は細胞分裂が限界に達した時だと言われている。
イカには細胞分裂の限界が無いと言われており、放っておけばバンバンでかくなっていくんだとか。

[イカには寿命がない??]6.3メートルのダイオウイカ

でも、平均寿命は2~3年で、最高寿命は3年以上とも言われており、いまだに謎の多い生物なのである。

2014年はダイオウイカの豊漁年となり、不吉な前触れでは?なんて騒がれましたが実際のところ、ダイオウイカってうまいのだろうか?

ダイオウイカ標本
ダイオウイカ標本 / noriqnub

なんだか目が怖いね…。

2015年2月22日に富山県射水市の新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」で開催された試食会では浜常食品工業がスルメにしたダイオウイカを、新湊きっときと市場特設会場で炭火であぶるというなんとも心意気のあるおもてなし。

会場に訪れたお客様に無料で配布され好評だったという。

ダイオウイカを食べた!……しみじみ噛み締める味

どうもアンモニア臭が強く、塩気が強いようだ。でかければいいってわけでは無いんだね。残念。
大きくなりすぎて寿命も近かったのかもしれない。

イカはオーブンで?

Grilled Squid (Nakaminato, Ibaraki, Japan)
Grilled Squid (Nakaminato, Ibaraki, Japan) / t-mizo

スーパーの天ぷらでよく使われるイカは海外でよく獲れるむらさきロールイカというやつらしい。

たっぷりとした身とデカさが特徴で天ぷらにはもってこいなのだろう。イカは元々淡白な味わいだから大きくても食べきれるしサッパリとした味が多めの衣の油っこさによく合うのだ。

でも、電子レンジで温めると「ボンッ!」ってなるから気を付けたい。オーブンでカリッとさせるのがおすすめです。

また、アメリカオオアカイカが使われることも多く、主にカルフォルニア湾周辺で獲れるらしく、大きいものでは2mにもなるんだとか。しかも一年で1m以上成長するのでコスパも良すぎだね。

イカ天といって思い浮かぶのがジッタリンジンとかたまだったりする人はまああれだ。オッサンだね。私もだけど。

あとがき

イカが特に好きってわけでは無いのだけど、やっぱりイカ天はうまいです。出来れば揚げたてサクサクを人の目を気にせずかぶりつきたいところです。

ダイオウ~は見た目は大きく立派だが、いざ実食となるとお世辞にも味が良いとは言えないようだ。
大きさは小さいほうが味も引き締まってうまいのだろう。

見た目だけじゃだめ。中身をしっかり成長させないといけない。
これは人間にも当てはまる話ですね。