【tkg】これが美味い卵かけご飯の作り方だ

c9c2e0f51b7f8cd1103c10ac7f4e8de6_s
卵かけご飯は日本人の食文化には欠かせない。

子どもの頃ばあちゃんちで食べた農家の卵。あれは産みたてで有精卵だった。栄養価も十分で味も濃厚。まさにtkgのための卵だった。

白くてぬるっとしたカラザやたまに血のようなものが混じっていたりして子どもながらにブキミではあったが、味は最高だった。

最高に美味いtkgとは産みたての味、そして”思い出”なのかもしれない。

美味いものには理由がある。今回は革命的にうまい卵かけご飯についてひたすらまとめてみます。

専門店にも負けない作り方に明日からの卵かけごはんライフが変わることうけあいです。

スポンサーリンク

海外ではやめたほうがいい?

sukiu

アメリカ人に「スキヤキが食べてみたいヨ~!」と言われて有名な某すき焼き店に入っていった友人の話。

店員さんがすき焼き鍋に甘辛のツユをたらし、グツグツと煮えたぎらせると、一人ひとりの取り皿に生卵を割り入れた。

それを見たアメリカ人は驚きのあまり言葉を失い、箸が全く動かなかったそうな。

じつは、海外で生卵を食べる習慣は無く菌数の問題から禁止されている国も少なくない。

元々生で食べる文化はアメリカには無いのでオススメしてはいけないのだ。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
これが美味いとか信じられないんだけど!?など反響がすごい…

産みたての新鮮なら海外でも生で食べられる?

生卵などを介して経口感染するサルモネラ菌は、実は卵の新鮮さだけでなく、産み主である鳥がいる養鶏所の環境がきれいでなければ繁殖しまくるのだ。

衛生面をよく把握した上でも、やはり生で食べるのはオススメできない。

サルモネラ菌は常温の環境ではみるみる増加する一方。

気温が6℃以下になると増殖率は下がるというが、たとえ冷蔵庫で保存したからといってすべてが消え去るとは言い切れない。

サルモネラ菌は熱には弱いので、やはり火をよく通して食べるに越したことはないのです。
もし海外でどうしても生卵かけご飯が食べたい!と言って食べさせてもらったとしてもその後体調が悪くなっても保証されない。

自己責任という言葉がつきまとうが、とにかく止めておいたほうが無難なのだ。

究極の卵かけご飯?

129200

「ちょっ、かけすぎですやん」

日本人の朝の定番、卵かけご飯。
食べ方はひとそれぞれ千差万別だが、オイシイレシピが見つかると人に教えたくなるのが人情ってもんだ。

食通で知られる北大路魯山人は卵のうまさを熟知しており、この世でもっともうまい食べ物とまで言っていたという。

その魯山人が作る「究極の卵かけご飯」が再度注目を集め、実際に試してみる人が増えているのである。

魯山人=海原雄山(美味しんぼ)のイメージが強い私は、「そうか、至高のメニューに入るほどだからよほど美味いんだろうな」なんて想像してしまいます。

というか、「至高の卵かけご飯」じゃないか。

どうやって作るの?

作り方は至って簡単。

玉子を自分の手のひらで30分温めるだけ。たったこれだけで魯山人エッグの完成である。

実際に私も試してみようと思いましたが、ぶっちゃけめんどくさいのでヤメ。30分間も持っているヒマはありません。

ちなみに簡単に30分温めたような状態にするには鍋にお湯を沸かし、玉子をおタマに乗せて、お湯にくぐらせれば良いという。

冷蔵庫に入れてあった玉子なら、一分間。

常温であれば50秒ほどで出来上がり。

たぶん、魯山人が聞いたら怒りそうなやり方ですが、スマホ世代の現代人ならいた仕方ないかと思います。

現代版が現る?

ロケットニュース24さんで詳しく紹介されていた「究極の卵かけご飯」のレシピと実際に食べてみた動画は作り方は簡単なのにとっても美味しそう。

作り方… ロケットニュース24

というか、私も実際に試してみたのですが、なかなかのデリシャスっぷりに箸が止まらず、一気食いしてしまいました。

やはり、白身を先にご飯に絡めておくことでまるでメレンゲのようなフワフワな食感になり、卵黄の濃い味わいが重なることで味に深みが増しているのであろう。まさにエアリーテイストである。

テレビ番組「スクール革命」でも紹介された今回のエアリー~はもはやTKGの新常識となりつつあるのだ。

個人的には白身は1個分、卵黄だけ3個分使用したらさらに美味くなりました。
後にお伝えしますが、卵黄ダブルは玉子農家では当たり前の食べ方なのです。

カロリーは気にしない。とにかく旨いので良いのだ。

レンジでチン!してとろける食感、アツアツ感を味わうのもアリです。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
手順を変えるだけで一味違う卵かけご飯!
私はこっちが好きかも!余ったご飯などを…

冷凍してもうまい!もうなんでもありだ

生なのにひと手間加えただけで味が変化するとは本当にすばらしい。

更に味を追求する人は、なんと冷凍の分野にまで足を踏み込んでいるのだ。

冷凍することでサルモネラ菌の繁殖は起こらないだろうし、なにより黄身の食感が素晴らしい。モチッとしてコクがあり、アツアツのご飯に乗せれば熱が伝わってじんわりととろけるような食感になるのである。

黄身に多く含まれるタンパク質の性質により、冷蔵庫から出された解凍卵はまん丸と半熟状態になっている。

作り方はいたって簡単。

そのまま冷凍庫に入れて1日以上待つだけ。

しかし、出来れば卵は冷凍保存可能な容器に割って入れたほうがいいです。
というのも、急激な温度変化によって中身が膨張し、殻が割れてしまうからです。
見た目も良くないし、殻をむくのも面倒だ。

また、解凍後の卵は菌が繁殖しやすくなるので1時間以内には食べきりたいところです。
※室内の温度により時間は前後します。

卵かけご飯にかけると美味しいものは?

さて、準備は整った。あとは味のメインとなる「かけるもの」だ。
醤油はオーソドックスながらもハズレが無いので良い。

でも、毎日食べたいから多少はアレンジしてみたいものです。
我が家の定番タレといえば「めんつゆ」
昆布系のめんつゆですが、これがなかなかに合うのでオススメです。

元々めんつゆ自体濃い味なのでかける量は醤油よりも少な目のほうが失敗しないです。薄かったら後から足せばいいだけだし。

簡単だけど覚えておいたほうが良い卵かけ知識

たまごに醤油を適量たらし、ハシでガッツリとかき混ぜる方がほとんどですよね。

でも実は生卵と醤油では比重が違うのでいくら頑張ってもうまく混ざらないんですよね。

卵をかき混ぜたらご飯にかけ、その上から醤油を垂らす方が良いのです。

この方法ですと卵かけご飯と醤油がうまく混ざり合うので味のバラツキが無く最後まで美味しく召し上がることができます。

白身を切るための箸もありますが、醤油をかける順番を変えるだけなので手軽でオススメです。

裏技的な話ですが、普段の卵かけご飯にプラス卵をもう一個。いわゆる黄身ダブルにすると満足度が飛躍的にアップします。

いつも通りの卵かけご飯を作ったら、最後に卵黄(玉子一個ぶん)を追加しかき混ぜるだけ。
贅沢感もあり、そして旨みも増大するので食事制限が無い方はお試しあれ。

 icon-check-square オススメなかけるアレンジ

○ふりかけ

日本の食卓では定番のふりかけも、ご飯との相性はバッチリなので当然、卵かけご飯に合わないワケがない。

それに、味のバリエーションが豊富なので毎日違うふりかけを用意しておけば朝が来るのが楽しみになってきますね。

○キムチ+食べるラー油
キムチ
キムチ / ayustety

韓流な食べ方。一大ブームを果たした食べるラー油も、ご飯によく合うがこれだけだとなんだかショボい感じがしてしまう(のは私だけか?)。

卵とキムチ、そして仕上げに食べるラー油をかければ文句なしの絶品丼が誕生するのである。

ニオイが気になる人は朝はやめたほうがいい?

○薫製醤油

小豆島燻製醤油300ml

小豆島燻製醤油300ml
価格:1,296円(税込、送料別)

薫製醤油は読んで字のごとし、スモークしたソイソースのことである。薫製の香ばしい香りと卵の甘味が絶妙で、味のトリコになる若者が増えているのだ。
卵かけご飯専用醤油ってありましたけど、薫製醤油の登場でややピンチ?

しかし、スモークされた匂いが苦手という人もいるのでまだ大丈夫だろう。
それに、ネームバリュー感半端ないし。

○明太子+高菜

高菜アドオンは大アリ。
高菜アドオンは大アリ。 / yoppy

まるで博多っ子のような辛うまアレンジ。
それぞれがうますぎるしメシの友であるのだから、3者がタッグを組んだらそりゃもう、旨くないはずがない。

どのレシピも+ゴマ油を垂らすとさらに進化するのはいうまでもありません。

たまには半熟目玉焼きを乗せた目玉焼き丼なんてのもアリ。

tkgとはそう、自由で美味く、”懐かしい”のである。

まとめ

ご飯にかけるだけなのに絶品で、アレンジも豊富な卵かけご飯。

海外に長期滞在している人に「日本に帰ったら何が食べたい?」と聞くと「卵かけご飯!」と答える人が多いといいます。もはや国民食といっても過言ではないのだろう。

忙しい朝でも簡単な食べ方にひと手間かけて、優雅な朝食を楽しむのも良し、シンプルにササッとtkgもアリです。

簡単すぎるレシピだからこそ、ずっと語り続けたいのである。