シャンプーボトルから菌が繁殖する!?詰め替えのコツを知ろう

CYMERA_20150311_184707

仕事から帰ったらひとまずお風呂。タップリの湯に浸かり、フワフワと泡立てたシャンプーで皮脂と疲れをサッパリと洗い流したい。

そんな方も多いと思いますが、価格も安くて経済的、しかもかさばらずエコロジーにもつながる詰め替え用のシャンプーは実は使い方を間違えると不衛生極まりないといいます。

今回は詰め替え用ボトルと菌のちょっと恐いお話をお伝えします。

スポンサーリンク

簡単で便利!でも衛生面が…

ドラックストアで見かけた花柄のかわいいボトル型のシャンプー。

見た目に誘われ即購入し、そのまま使い続けようやく中身もほぼ無くなってきたのでそろそろ買い換えの時期かな?

しかし、キュートなボトルには愛着があるし、捨てるのはもったいない。それにエコじゃないし。

そんな訳で詰め替え用のシャンプーを購入し、かわいいボトルに継ぎ足して使い続けるのだった。

詰め替え用商品は値段も安く抑えられている上にかさばらず置き場所にも困らない。さらにはゴミの量も減らせるので環境にも優しいのだ。

実際、私も長年愛用しているプッシュタイプのボトルがあり、中身は替えて使い続けています。

ある程度減ってきたら新商品を継ぎ足して自分だけのオリジナルシャンプーを作り、香りと使用感を楽しんでいました。

…しかし、実は詰め替え用商品って正しい使い方をしないと衛生面に問題があるといいます。

 icon-check-circle-o ボトルにそのままシャンプーリンスを入れちゃダメ!

お風呂場は憩いの空間ではあるものの、使用しない時間帯は換気が不十分になり空気の流れが悪く湿気もひどい。そして雑菌が繁殖しやすくなるのだ。

シャンプーボトルの中も例外ではなく、キャップの開閉により湿気を含んだり中途半端な中身に継ぎ足して使うことで菌の温床になりやすいという。

普段の生活にも常に存在する「常在菌」だけでなく、消毒薬や抗生物質にも抵抗力のある「薬剤耐性菌(やくざいたいせいきん)」も発生するため、健康面も心配である。

中身を使いきり、よく洗浄したとしてもほんの少しの水分、アミノ酸が菌の栄養となりさらに菌が増えてしまうのだ。
もともとお風呂場で使うことが多いシャンプー、リンス類には殺菌成分を含まない種類がほとんどなため、ボトルの壁に保護された中の菌は浴室の温度と充分な水分に満たされているので繁殖するには適した環境になっているのです。

どうしたらいいんだろう?

詰め替え用商品は確かにお買い得で買い置きができて便利。それにエコロジー面を考えれば今後も続けていくべきだと考えられます。

シャンプー、リンス類の詰め替えを行う際は、必ず

1.中身を使いきり、
2.容器の内部、プッシュ式ならポンプ部もすべて洗い、
3.しっかりと乾燥させ
4.新しい詰め替え用商品を入れる

必要があります。

「いや、めんどくさいから私には無理!」

という方はやはり、詰め替えはあきらめて容器ごと買い替えるか、一回ごとの使いきりタイプの小袋型シャンプーを選んだほうが良いと思います。

癒しの空間が健康を害する不安な場所にならないよう、詰め替えには細心の注意をはらうべきですよね。

今回参考にさせていただいた記事は…  icon-chevron-circle-right livedoorニュース

100k均のシャンプーボトルが超便利?

詰め替え用ボトルといえば今使っているボトルか100円均一で空のボトルを購入するのが一般的ですよね。

最近では詰め替え用なのに詰め替えない!シャンプーボトルが販売されています。

いわゆる詰め替え用シャンプーをそのままボトルにぶっさし、上の出っ張りだけちょん切るシステムで簡単でしかも衛生面もバッチリです!

どこで買えるのか実際に調べた所、近所のダイソーでは見つからず。少し離れたセリアで見つけることができました。

また、Amazonではさらに種類豊富なシャンプーボトルが見つかります。お値段は100均よりは高いですが毎日使うものだから買っておいても良いかもしれませんね。

まとめ

詰替えが面倒!でも衛生面も心配って人はセリアの詰め替え用シャンプーボトルがおすすめです。

菌の繁殖が不安、でもあまりお金をかけたくない人にはピッタリだと思いますよ。