鼻づまりを簡単に解消する方法3選

CYMERA_20150124_173607鼻づまりがひどい私はアレルギー性鼻炎と花粉症の二つの効果で春先は特にげんなりしています。
症状自体は鼻の奥(鼻腔)が狭くなることで呼吸が困難になるというもの。

体が発する生理的な現象ではあるもの、結局口呼吸にシフトチェンジしてしまうのでさらに苦しくなり、ミモフタもない。

喉には鼻毛が生えていない(当たり前)から花粉もダイレクトインしてしまうし。

鼻の中のレーザー治療(粘膜を焼くやつね)も本気で考えたけど結局やらなかった。

だって、花粉症が完治するとはとても思えないし。

しかし、鼻づまりがひどいとはいえ点鼻薬ばかりに頼ってはいられない。
体に良いとは言えませんからね。

今回は鼻づまりに効くといわれる解消法を3つご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

鼻づまり対策3選

1 運動をする

体を動かすことで血液の循環、特に腕立て伏せなどの上半身を使う運動は体温の上昇により鼻づまりが緩和するという。

体温を上げるという意味では、鼻自体を蒸しタオルで包むという方法もあります。

2 ツボを押す

鼻通(びつう)というツボはその名の通り強く押すことで鼻通りが良くなるといわれています。

場所は小鼻の左右にある、指で触れたときにくぼんでいる部分。

鼻づまりを解消するツボは足のくるぶしの近くや手などにも存在し、一番押していても違和感を感じさせないのは手にある合谷というツボではないでしょうか?

人差し指と親指の間にあるので、もう片方の手で押せて簡単です。

もっと詳しく  icon-arrow-circle-o-right ツボです

3 脳をごまかす?

鼻がムズムズしていると気持ちも落ち込み、やる気もがた落ちである。

薬に頼らず、誰でも出来そうな例ではこちらが有名。

鼻づまりを治す6ステップ
ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。

引用元:らばQ

私も実際にためしたところ、

「あっ!確かに通ったよ」。

やり方は単純ではあるものの息を限界まで止める点はいただけない。

気絶寸前までやってしまう人がいたそうなので、やりすぎには気を付けましょうね。

 icon-check-square-o まとめ

同じ空間で同じ空気を吸っているのに、鼻づまりが起きる人と起きない人がいる。

まったくもって納得のいかない症状だが、アメリカの免疫研究によると、実はアレルギー性鼻炎をもっている人は長生きする可能性が高いといいます。

もっと詳しく icon-arrow-circle-o-right新発見!アレルギー性鼻炎のある人は長寿の可能性―米国

理由としては、免疫システムが過敏なため疫病による症状に積極的に対抗できるからなんだとか。

う~む、アレルギー性鼻炎は百害あって一理なし!と思っていただけに意外すぎる研究結果でした。

あと、個人的には鼻通りには重力も関係していると考えています。

夜寝るときに、詰まっている方を上にして横になると数分後にはスーッと通っていることがよくあります。

ともあれ、花粉症患者にとって春先は特につらい季節ですが、前向きに症状と付き合っていこうと思いました。

プラス情報

鼻づまり解消グッズをAmazonで探していたらなかなか良いものを発見しました。「驚くほど鼻スッキリO2アップ」というグッズなのですがこれがまた安いわりにくりかえし使えていい感じ!

実際に買って試してみましたよ〜。

使ってみた感想は… ▶【安眠】寝るときの鼻づまりがつらすぎるので解消グッズを買いました をどうぞ。