お風呂場でスマホをやるなら防水は必要!やってみた対策2つ

rubber-duckies-14614_640

お風呂が唯一の癒し空間なネットの迷える子羊、かつしたです。

風呂場でのスマホいじりは趣味の域を超え、もはや任務にもなりつつありますが、YouTubeの動画を見ようとしたら大音量に設定されていて突然の爆音にあせってアタフタ!

消音にしようとしたら、そのまま浴槽にボチャン!

…なんてことありますよね?

防水加工のスマホならまだ助かる見込みはありますけど、イヤホンジャックがむき出しのものやタッチペンが標準で付いているギャラクシーノート系のタッチペンを無くして穴が解放状態になっていたらもはや救いの手は差しのべられることはないであろう。南無。
※ギャラクシーノートⅡで1度経験済み

市販の防水カバーもいいけれど、もっとリーズナブルにできないものか試行錯誤した結果、2つ+αほど案が浮かんだのでせっかくなのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

役に立つのか?私の知恵袋

1:市販のジッパー袋

空気をうまく排出するのが難しい。でもしっかりと密封することができるので水分にも強い(と思われる)ジッパー系の袋。
一般的にはジッ○ロックが有名ですが、私はよくこれをお風呂場で利用しています。

100均でもジッパー付きの袋が売っていますよね。

大きめのスマホにも対応できるし、タッチ操作も難なくこなせるのでとても助かる。

しかし、水没に関してはやや不安。

やったことはないですけど、浴槽にドボンしたらいくらジップされているとはいえ水分が入る可能性は否定できません。

あくまでも湿気予防という意味合いで使用するのがベストかと思います。

2:ラップでぐるぐる

市販の透明ラップを取り出し、スマホをぐるぐる巻きにすると、まあなんということでしょう!?

わずか5秒で簡易型防水ケースが完成してしまいました。

コストパフォーマンスも良好!

でも、毎回ぐるぐるするのは面倒だし、使うたびに捨てるはめになるため実は逆に費用がかかっているのだ。

…まあやるのは私くらいでしょうけどw

ちなみに巻きが弱くて少しでもスキマができると遠慮なく水が入ってきますね。

うむ、スキマをスイッチするとはなかなかやりおる(?)

3:初めから濡らしておく

SHI85_mizuninurashitemouta500

最初からシャワーのお湯でビショビショにしておけば浴槽に落としてしまっても後悔せずに済む?

今さら水没したところで別に。(昔の沢尻エリカ風に)

…というか最初から後悔してますね。
※絶対にやらないでください

結論

たとえどんなに防塵、防水加工されているスマホでも絶対はありえない。

防水加工済みのケースも完全とは言い切れず、何度も使用していれば落とした衝撃などでキズができてしまうかもしれない。

一番安全なのは、“お風呂場でスマホいじりをしない”なのでありました。

うーん、残念!

あくまでも私の勝手な考えなのでご参考程度に。

長風呂も度が過ぎれば健康に良くないので、お風呂遊びはほどほどにしましょう。

【重要】
上記の防水対策は実際に私がやっている方法ではありますが、基本的には防水加工されていないiPhoneやスマホなどをお風呂で使用し故障したとしても、保証の対象外であることがほとんどです。
おすすめはしません。あしからず。