キャラ弁の新常識!「ダジャレ」が嫌がらせ弁当を超える?

lunch-box-200762_640

お弁当作りは難しい。
毎日違った具材や味を決めるのには本当に苦労しますね。

また、高校生のお子さんをお持ちの方は学校での反応や思春期の子供の機嫌をそこねてしまわないかと気が気ではありませんね…。

毎日お弁当を作るのが楽しくなるかもしれない、一風かわったお弁当をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

嫌がらせ弁当は母の愛情から生まれた

反抗期を迎えた難しい年齢の娘さんのために作り続けたお弁当を写真に収め、ブログにアップしつづけたことで有名になった「嫌がらせ弁当」。

嫌がらせというと聞こえは悪いですが、内容は母の愛情がタップリと込められた質の高いキャラ弁であります。

予想のナナメ上を行く仕上がりにファンが急増し、ついに書籍化されるまでになったのでした。

ブロガーのttkkさんに聞いたところ(ddnavi.comより)、「ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。」と語られていました。

制作に一番時間がかかりさらに難しかったお弁当の第一位は

「卒業弁当」

だったとのこと。

表彰状の文字を一つ一つ切り抜いていく作業は想像を絶する難しさだったのでしょう。

制作になんと2時間もかかったという!

コミュニケーションを取るために続けられた「嫌がらせ弁当」は3年間続き、お子さんに対する愛情の深さがうかがえる母と子の感動的な作品として一冊の本になったのであった。

画像をみる… icon-arrow-circle-o-right 反抗期の娘に嫌がらせ弁当を作り続けた母の想いとは

 icon-arrow-circle-right ツムツムのキャラ弁がヤバい

キャラ弁の新提案?ダジャレ弁がヤバい

ジバニャンなどのアニメキャラが定番のキャラ弁のなかでも、ずば抜けてシュールかつジワジワくる笑いをこめられたお弁当。それがダジャレ弁である。

画像…ねとらぼ

お弁当画像を公開している個人ブログの「涌井家のお弁当」がネットで注目を集めている。

単にダジャレを海苔を切り抜いてご飯の上に乗せる…といった単純な作業ではなく、おかずをうまく利用したシュールで独創的なおやじギャグに見た者を笑いの渦に巻き込んでいく。

ブロガーの涌井 慎さんの奥さんが愛情いっぱいにつくる遊び心満載のお弁当は見るものをほっこりとやさしい気持ちにさせてくれますね。

有名なアニメキャラを真似してつくるキャラ弁もアリですが、どうしても出来を本家と比較し納得のいかないままフタをしてしまう機会も多いものです。

ここはひとつ、涌井家を見習い、シュールなおやじギャグでお子さんや旦那さんに簡単で笑いをとれる「ダジャレ弁当」をつくってみてはいかがでしょうか?