花粉症における最新の治療方法「シダトレン」の価格は意外と安くない?

haru

花粉症の季節は苦手です。特に春は花粉の飛散量が極端に多いので毎年ながら外出するのもイヤになってしまいます。
耳鼻科に行ってお薬を用意してもらっても、すぐに無くなってしまいまた耳鼻科へ。

市販の点鼻薬は体のことを考えるとあまり使いたくないですが、アレルギー性鼻炎も持っていて、さらには寝るのも容易ではなくなっているため仕方なく使用しています。(おすすめはしません)

「シダトレン」という治療薬が注目を浴びているようですが、はたして効果はあるのだろうか?

花粉症の特効薬になるのでは?と話題のシダトレンについて調べていきます。

スポンサーリンク

シダトレンとは?

N866_masukuwosurudansei500

シダトレンは2014年に使用が開始された使用法が少し変わった治療薬。

 icon-arrow-circle-o-right 舌下免疫治療法薬とも呼ばれており、いわゆる花粉を体内に少しずつ取り入れることで免疫を作り、症状を和らげるというもの。

使い方はいたって簡単で、ベロの裏側にシダトレン(スギ花粉のエキス)を垂らすというもの。

免疫による改善のため、目のかゆみや鼻水などスギ花粉による症状全般に対し効果が期待されます。

しかも費用は月1000円くらいで済むので、お財布面でも注目を集めているのだ。

「おお!これは安くていいじゃん。しかもうまくいったら一生花粉症に悩まなくて済むんでしょ?ではさっそく…」

と私も思ったのですが、じつはこのシダトレン療法は気が遠くなるほど治療期間が長く、あまり一般的ではない。。

 icon-chevron-circle-down 実はあまり安くない?

というのも、使用は花粉が飛散しはじめる2~3ヶ月前から始めなければいけないし(しかも毎日!)、最低でも2年以上は毎日口の中にシダトレンエキスを垂らさなければいけないのだ。

それに、”絶対”は無いので効果が表れない場合も考えられる。

いくら1月1000円でも、

1年で 1000×12=1,2000円

2年で2,4000円もかかるではないか!

ううむ、安いようで安くない…?
というか、2年も続けられる自信が無いのですけどw

しかし、花粉症は一度発症してしまえば一生治ることは無いと言われていたので私のような10年以上も花粉に悩み苦しんできた者にとっては吉報には違いない。

問題は「即効性が無い」点と「2年後に絶対治っているという保証は無い」という点ではなかろうか?

忙しいサラリーマンや仕事上生活が不規則な人にはやや難易度が高い治療法ですが、治療が成功した際にはその後スギ花粉に悩むことは無くなる…。

とはいえ、副作用としてぜんそくや咳、アレルギー反応なども可能性があるので使用には細心の注意、お医者さんの指示を仰ぐ必要があります。
私の場合ブタクサも反応するのでなんだかビミョーです。オールマイティーに対応するエキスが販売された場合は使用すると思いますが、今回はスギのみなのでおあずけとします。

それに、2月(※現在)では今年はもう手遅れですし。

 icon-chevron-circle-right ヨーグルトによる対策も人によって、またはヨーグルトの種類によっても効果はまちまちなのでさらに悩みは増えるばかり。

医療の発達による、更に簡単に使用できる花粉症全般の特効薬の開発が待たれます。

参考記事:一生花粉から解放されるかも?注目の治療薬